忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



スピーチクラスの2日目。
3時間半の授業の後半はずっと、涙ぽろぽろ止まらなくなってしまいました。

拍手


ことの発端はグループワーク。
私は英語が話せないので、グループワークやディスカッションは本当に苦手なんです。
でもこの授業では今のところ、意見を強制されないから大丈夫……
と思っていましたら、今日は宿題だったショートライティングを(といっても、1ページ半ほどのエッセイ形式です)、グループ内で一人ずつ読んで、代表者を選んで前で話す、というものでした。

宿題だったライティングは2本。
1本目を順番に読んでいって、私の番になったところ、読んでる途中からグループの人たちがなんとなくソワソワ。
ペンをいじったり、ノートをめっくったり、「早く終われ!」っていう、いつも感じるあの空気なんですよ。
ライティング自体が良くないのもわかってる上に、きっと私の話す英語は聞き取れないんだろうなー、と思ったら、とたんに緊張してしまいました。

わかります?あの緊張。
汗が出るとかそんなレベルじゃなく、視界が薄暗くなっていくようにすら感じます。
もう病的だわ、これは。


で、その後、各グループの代表者が一人ずつ前へ出て発表。
えーーーっ、これって軽くスピーチじゃん!?
毎回こんなことやるの!?


……なんかもうたまらなくなって、休憩時間に教授に話に行きました。
私のおどおどした様子で気づいたのか、
「廊下に出て話したい?」
と、誰もいないベンチをすすめてくれた優しい教授です。


「ええと……先生は、ESLの生徒でも受け入れてくれますか?」

「もちろんだよ!全然問題ないよ! 過去に何人か受け持ったことがあるけど、みんな頑張ってたよ。そのうちの一人なんか、スピーチクラスだけじゃなく、僕のディベートクラスも取ってよくやってたよ」

「ごめんなさい。本当に私、緊張しちゃってダメなんです。でもこれが取らなくてはならない最後のクラスだし、卒業の手続きももうしてしまったし、7月には他州に引っ越してしまうから……」

「つまり、これが最後のチャンスなんだね」

「はい、先学期にはキックアウトされてしまいました」

と、いきなりブワッと涙が。
うへぇ、なにこれ恥ずかしい!

すると教授、私の肩を叩いて

「I'll never kick you out! I can help you, I promise!」

うわーん、ますます泣いちゃうじゃないか!




トイレで顔を洗って教室に戻り、先ほどと同じグループで2本目のライティングを読み合いました。
たまたま、2本目のテーマは、
『いかにしてスピーチへの不安を取り除くか』
という、教科書に沿ったもの。

私の場合は、「ひたすら練習あるのみ。だって普段は英語を話す機会も相手もないから」ということと、「キックアウトされてしまった経験から恐怖心は強いが、それを乗り越えるにはポジティブなイメージを持ち続けるしかない」と、短いライティングだったけど、今度はゆっくり話したら、グループの人たちみんな、「すごくいいじゃない!」「いいスピーチになると思うから、前で話せば?」とか言ってくれて。

うわーん! 
やめてよぅ、嬉しいじゃない泣いちゃうじゃない。

グループの人たち、私が英語を話せない人だとは知らずに、1本目では「なんだこの頭の悪そうなオバサンは」ぐらいに思っていたようです。
結局グループの代表はほかの人にやってもらったけど、
「私、このグループ好きよ。もうメンバー変えないで毎回このままやらせてくれればいいのに」
とみんなが言っているのを聞いてたら、もう涙ぽろぽろ止まらなくなってしまい、教授のジョークにゲラゲラ笑いながらも、授業が終わるまで泣いてました。


うー恥ずかしい!
小学生かよ私!




でも、なんか、ほっとした。
私の英語が本当にダメなこと、早いうちにみんなに知っておいて欲しいと思ってたし。
それに、先学期にキックアウトされたことが、自分で思っている以上にこたえてたみたい。
きっとどこかの時点で、ちゃんと事情のわかる人に話を聞いてもらって、泣いてしまえたらよかったんだろうな。

今日はずいぶんとみっともないことになってしまったけど、次回には今までより、気軽にクラスメイトにも話しかけられそうな気がします。





---------------


拍手コメントありがとうございます。
お返事です♪

>桃。さん
ありがとうございます(^^)
私も桃。さんの写真には、いつもそそられてますよ〜♪
カルボナーラのレシピ、調べないと。
ふふふ。


PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]