忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



春学期で4大を卒業した友達が帰国することになり、お茶に誘ってくれました。


拍手


本当は「お茶しました」って書くところなんでしょうが、帰国準備で忙しいのにわざわざ向こうから電話くれて、「帰国前に会いたいです」って時間作ってくれるなんて、嬉しいじゃないですか。

カレッジで知り合った留学生の友達は、こちらが普通に友達だと思っていても、やはり20歳も年齢が離れていると、相手は一線引いていたりしますからね。
帰国したことすら知らずにいることがたびたびあって、そんな時は本当に寂しくなるものです。



……と、前置きが長くなりましたが。
今日会ってきた友達とは、6年ほど前に彼女が高校を卒業したばかりで私の通うカレッジに留学してきて、最初に取ったESLアドバンスで一緒だったんです。
カレッジESLのビギニングから初めて、すでに何年も通っていた私と違い、、彼女は日本でしっかり留学準備してきたので、その後はもう順調に進んで4年制大学にトランスファーして行きました。
彼女がカレッジに通っていた頃には、ライティングや地理など、何度か一緒にクラスを取ったし、トランスファーして引っ越してからも、機会があればちょこちょこ会ったり。
ともすれば、親子ほども年が離れているんですけど、私としては純粋に『クラスメイト以上の女友達』とか、『部活?の後輩』のような感覚でお付き合いしていました。

……なんか、不思議な感じがします。
2001年に渡米して、もうすぐ在米10年目に突入する私の中では、彼女と出会ったのは在米期間の真ん中あたりなんですよねぇ。
しみじみ。
(余談ですが、彼女と知り合ってから私が一時帰国できたのは1回だけw)

高校卒業したてで親元を離れ留学し、いろんなことで不安になっていた女の子が、大学卒業という大仕事を成し遂げて、すっかり落ち着いた女性になって「次は就活ですね、頑張ります!」とガッツポーズで帰っていくんですから。

日本でのお互いの実家も離れているので、「もしかしたらこれが最後かもー」という寂しさも確かにあったけど、彼女の留学期間中を見てきた私としては、とてもすがすがしい想いで見送りました。





私のカリフォルニアでの生活も、残り1ヵ月ちょっと。
長かったなぁ。
いろんなことが少しずつ少しずつ、幕を閉じていくようです。


PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]