忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





うちの子供たちが通う日本語補習校の卒業式でした。


拍手


早いものですねぇ。
今日、中学部の卒業を迎えた娘は、小1の時に渡米したので、かれこれ9年間もお世話になった学校です。
週1回土曜日の授業だけで、日本の公立学校と同じ教科書を同じペースで進めていくので、宿題(=家庭学習=親の指導)がそれはそれは大変でした。
日本の学校とは比べ物にならないほど宿題やテストが多いアメリカの現地校と両立で、よくここまで頑張ったと思います。
泣いたりわめいたり、親子バトルのような時期もありましたけど、一応日本の義務教育と同等の学習ができたので、シカゴ行きまでの残り3ヵ月間は、“お楽しみ”で高等部にも通うそうです。


今日の私は、朝子供たちをドロップしてから、アルバム班のお手伝いで学校で作業して、午後から卒業式、終了後は子供たちのボーリングパーティと、夜9時過ぎに帰宅するまでずっと動いていました。
もうクタクタです〜。

卒業式中は、写真を撮りまくっていたので、泣く間もなかったなぁ。
さすがに最後、卒業生代表の答辞でホロリときたけど。




そうそう、アメリカは今日から夏時間です。
それをすっかり忘れて昨晩タイマーセットした炊飯器は、起きた時にはまだ水のままで、大慌てでした。
クイックモードで炊いたものの、私も子供たちも普段とは違う身支度があったもので、完全に遅刻覚悟。
それでもギリギリで間に合ったのは奇跡的。

「今日は一日ほんとに大変だった。忘れ物はするし」
と帰宅してからぼやいていたけれど、考えてみれば今日は一度も渋滞に巻き込まれなかったんですよね。
あちこち移動してたのに。
こんな日もあるんだなぁ。



さて。
日本語補習校のほうは、短い春休みの後、引っ越しまでのたった3ヵ月間だけですが、息子も娘も進級することに決めたので、私ももうしばらく日本式のお弁当作りと往復1時間の送り迎えが続きます。

PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとう!
娘さ~ん!卒業おめでとうございます!

子どもがいると、こういう節目に数年分を思い出したりするのですね。
CAでの残りの生活を楽しんでほしいですね^^
チェリ 2010/03/16(Tue)19:06:32 編集
>チェリさん
ありがとうございます(^^)

>子どもがいると、こういう節目に数年分を思い出したりするのですね。

ああ、そうか。
言われて初めて、そういうものかと実感。
だってほら、人間年齢ばかり重ねても、中身の芯みたいな部分て、17、8の頃とそう変わらないと思うのね。
性格的にもそうだけど、あの頃好きだったものは今でも好きだし。
自分が娘の年齢の頃には、40代になった自分なんて趣味も目標もない出がらしみたいなオバサンになってるかと想像してたけど、大して変わってないのよね。
「バイク欲しいなー」
とか
「貧乏旅行したいなー」
とか、まだ言ってるし(笑)
心の中はいつだって、“やりたいこと”と“欲しいもの”の欲望が渦巻いてるわw

だから子供の節目には、成長にしみじみすると同時に、成長しない自分を反省したりなんかして。
その時だけ。

>CAでの残りの生活を楽しんでほしいですね^^

そうですね。
考えてみたらあと3ヵ月ほどなんですよね。
こんなにも気候に恵まれ、海も山もある土地は、広大な北米大陸の中でも南カリフォルニアぐらいなんですよね。
2001年に渡米してからずっと忙しくて旅行もほとんどしなかったので、今学期が終わったらちょっと弾けちゃおうかな(笑)

【2010/03/17 16:36】
おめでとう!
娘ちゃん、卒業おめでとう!
ママもいろいろおつかれさま!

中学校の卒業式のことは結構鮮明に覚えています。
悲しいとかより、ワクワク感のほうが強かったな。
Sくんにはボタンをもらえなかった…(^_^;)

もう高校生なのね…。ホント早いね。
充実した毎日になりますように!
しろくま 2010/03/15(Mon)23:58:28 編集
>しろくまちん
ありがとう!
早いものだよね〜。

こちらのハイスクールは義務教育なので(すでに1年生です)、日本の子供たちのような高校受験がなく、親としては楽させてもらってるのかも?

そうだよね。
我々の年齢になっても、小学校の卒業式は記憶が曖昧でも、中学の卒業式、高校の入学式&卒業式は記憶が鮮明だよね。
あー、私も中2の時には、卒業していくずっと好きだった先輩のボタンをもらう勇気がなかったっけ(笑)
自分の中学の卒業式の日には夕方からバイトが入っていたので、
「早く終われー」
とか思ってたね。
んで、バイト先の編集プロダクションで編集長たちにお祝いしてもらったのが、すごく嬉しかったっけ。
(確か、焼き肉をおごってもらったんだよw)

あの頃の自分に、娘が追いついてるのが奇妙な感じ(笑)

【2010/03/17 16:25】
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]