忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑サンフランシスコで宿泊したホテル



今日からSummer Session(夏学期)が始まり、先学期の前期から挫折を重ねたスピーチクラスもなんとか席を確保できて、再スタートです。

拍手


最近はオンラインクラスが多かったし、コンピューター関係の授業ではマニュアルのような教科書を前にして、操作の説明ばかりだったもので、スピーキングはもちろん、リスニングにも不安がありました。
それに、我々ESL(英語を第一言語としない者)に対して冷たい先生だったらやだなー、という心配も。

でも、初日の印象としては、先生の印象はまずまずかな?
私よりはずっと若い感じで、ヒスパニック系の男性。
男の先生はちょっと苦手なんですけど、今日のところは威圧的な雰囲気はありません(小柄な人だからかも)。
そして何より、声のトーン。
近頃、聴力も落ちてきたようで、うんと声の低い男性の英語は、ほとんど聞き取れないのです。
今回の先生は男性でめちゃくちゃ早口ですが、声が高めなのと、さすがスピーチの先生、アナウンサーのようにクリアな発音なので、とても聞き取りやすい。
知らない単語でないかぎり、聞き取れ度90%ぐらいなんですよ。


しかし……
なんとこの先生のスピーチクラス、あらかじめ原稿書いて練習して発表するという通常のスピーチが5回と(他のほとんどの先生は3回)、クラスでお題を与えられて、その場でスピーチを考えて発表する、という即興スピーチが5回×2。


何これ無理だよ私………。


宿題も、スピーチクラスなのに教科書読んでサマリー書くのが毎回と、ジャーナルもあるし、中間期末はエッセイ形式だし。

えーーーっ、パスできるとは思えない。




みなさん、アメリカに1年も住んでりゃ英語ペラペラになると思ってるでしょ。
大間違いですよ、そんなの。
いや、これが旦那がアメリカ人で、子供たちも英語優勢の家庭なら、奥さんは1年でペーラペラでしょうよ。
しかしうちの場合は日本人家庭。
子供たちとの会話もほぼ日本語です。
アメリカ人の友達は皆無に等しく、たまにいても、その人たちは日本語を勉強してる人たち。
英語で会話するしかない韓国人や台湾人の友達はごく少数いるけど、お互いに子持ち主婦なので、そうそう会う時間なんてありません。
英語での読み書きは自分で勉強しようと思えばいくらでもできるし、リスニングも映画やTVで少しは鍛えられる。
でもねぇ、スピーキングだけはどうにもこうにも、相手がいないことにはできないんですよ。
まさか外に出て、知らない人にやたら話しかけるわけにいかないし、話しかけたところで挨拶程度だしさ。
いや、もちろん、レストランの注文や美容院の予約程度の英語なら話せますけどね、ディスカッションやスピーチ、プレゼンは全然違う英語だもの。


むーんむーん………
第一私、人前で話すなんて日本語でもムリ。
人前どころか、初対面の人と面と向かって話すのだって、視線が泳いじゃう。



……なんてぼやいたところで、成績はどうであろうとパスするしかないんですけどね。




というのも、今日の昼間はカレッジのアカデミックカウンセラーのところへ行って、卒業のための書類を書いてもらい、アドミッションに提出してきました。
専攻の授業は前学期でぬかりなく終わらせましたが、選択肢の多い一般教養が不安だったので、取り残しがないかカウンセラーにチェックしてもらいましたら、残るは今学期のこのスピーチのみ。
そして最後の学期になると、単位を取れる前提でペーパーワークを進めてもらうので、何が何でもこのクラスは落とせないのです。

なによりも、もう引っ越しの日程が決まっているので、もし単位落としたりしても、今のカレッジで再履修は不可能ですから。
………頑張ります。
週2回、月水の夜6〜9時半の授業で精神的にも肉体的にもキツイですが。




---------------

拍手コメントありがとうございます。
お返事です♪

>turumomoさん
そうなんですよ〜。
衝動買いしてしまいました(笑)
でも、息子が漢字練習頑張ったら、あげる約束してるんですけどね(そうなったら、また自分用のを買ってしまいそうw)。
turumomoさんもキンドルを楽しんでるようですね。
日本からだと、ハリポタとか買えない本もあるって本当?
今のところキンドルとi文庫しか使っていませんが、今度の一時帰国にはPCじゃなくてTouchで充分かなーなんて思ってます。
実家はネットがないので、Wi-Fiのホットスポット探して苦労しそうですね。
電池、改善してほしいですねぇ〜。


PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ほんっとに、最後に、手強そうなクラスですね。
がんばれ~!

ところで。せっかく戴いた拍手コメントへのお返事が見えません。どうしたらいいんでしょう?
turumomo 2010/05/25(Tue)19:55:51 編集
>turumomoさん
もしかしたら、最近よりももっと難しいリスニングやディスカッションに四苦八苦してた2年ぐらい前に取っておいた方がよかったクラスかもしれません。
応援ありがとうございます。
このクラスひとつのために6年間の努力を無にするわけにはいかないので、泥まみれで頑張ります(笑)。

拍手のお返事は、反転すると読めるようになっています。
お手数をおかけしてすみません。
拍手にいただくコメントは、他の方も読むことのできる通常のコメントには書きたくないのかも??と思ったりもするので、お返事もコッソリ書いたつもりです(笑)
【2010/05/25 20:01】
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]