忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2017/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





久しぶりに風邪ひきました〜(+_+)
ひどい咳で目覚めて、体も重い(物質重量的な意味ではなくてw)

娘の看病と、連日のママタクシー業務でやっぱり疲れてたのかもなぁ。
昨日、病院で完治を言われてホッとしたからなぁ。



さて、その娘は今日からアニマル・シェルターでボランティアです。
最低20時間、公共サービスでボランティア活動をしないと、高校を卒業できないのです。




拍手





夕方、帰宅した娘に
「どうだった?仕事あった?」
と訊きましたら、大量の皿洗いに始まり、猫のトイレ掃除、ケージの掃除などなど、大変ってほどじゃないけど退屈もしなかったそうです。


で、興味深かったのが、このシェルターで保護されてる動物たちの「やってきた事情」。
「アレルギーだから」
っていうのが一番多いらしいけど、なかには驚くものも。
(ちなみにここのシェルターでは殺処分はなくて、アダプトされるまで保護するそうです)。



ハの字眉のしょんぼり顔したビーグル犬の話。
あるとき、交通量の多い片側3車線の幹線道路を、3匹のビーグル犬がフラフラ歩いていたそうな。
すぐに通報されてこのシェルターへ。
見ると3匹とも首輪はしてなくて、首には首輪の跡がはっきり残っていたそうです。
飼っていたのに、何らかの事情で捨てられちゃったでしょうね。
でもなんでそんな場所で………。
車にひかれなかったのが奇跡です。

その後2匹は里親が見つかり、この人懐っこいしょんぼり顔の子だけが残っているそうです。



真っ白な子犬の場合……
ペットショップで買ったはいいけど、飼ってから子供が犬アレルギーであることが発覚。
引き取り手が見つからずシェルターへ。



ある猫の場合……
一度は里親に引き取られたけど、家の中のあちこちでおしっこ(マーキング)をするから、という理由でシェルターに返されたそうです。



春になると毎年、子猫がたくさん入った箱がシェルターの玄関先に置かれてたりして、どっと賑やかになるんですって。


……どうしようもない事情があるのもわかるけど、なんか悲しくなっちゃうね。
でもまぁ、ずっと里親が見つからなくても広々とした部屋で暮らせる施設のようだから、それが救い。






↓今日も読んでくださってありがとうございます(^-^)
 クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ シカゴ・デトロイト情報へ

人気ブログランキングへ


PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]