忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日の母との会話を思い出すと、帰国しない決断で本当にいいものか、数年後に後悔することにならないかと、不安になってきました。

今日は赴任先のシカゴへ戻る夫を空港へ送る途中、少し時間があったのでカフェに寄って4人で話し合いました。


拍手



まず、もし日本に帰るなら、シカゴへ行かずに今帰国して欲しいらしい。

昨年暮れに今のアパートへ引っ越す際、ほとんどの荷物は引っ越し会社の倉庫に預けてあるのです。
なので、5月に入った今、引っ越し会社の方から、今私たちが住んでいるアパートの荷物をいつ回収したらいいのか(=シカゴへの引っ越し)、日程を決めて欲しいと言ってきました。

今ならば、もしかすると交渉次第では、日本への引っ越し費用は会社が負担してくれるかもしれない。
でも、シカゴ行きも会社負担なので、シカゴへ引っ越してから帰国したいと言っても、引っ越し費用は自腹になるのが普通。
まぁ、日本の家は狭いから、持って行ける家具などはなくて、ミシンとパソコンと本ぐらいなんだけど。



それに、一度シカゴに引っ越してしまったら、借家は年単位の契約になるから、それ以前に引っ越すとなるとペナルティが生じるし、第一、4人で住むような大きな家だと、荷物もまたそれなりに増えてしまう。

夫としては、私と子供たちが帰国して一人になったら、できるだけコンパクトに暮らしたいから、日本に送れなかった荷物は全て処分したいらしい。
……これ、日本からこっちに引っ越す時にも経験したんだよね。
愛着のあるものでも処分しなくてはならないのって、結構傷つく。



息子もなんとか説得して日本に引っ越したとする。
でもねぇ、問題の娘、大学はアメリカで行きたいって言ってるの。
息子も日本では大学なんて無理だろうけど、アメリカでだったらコミカレ(準学士)ぐらいは行けると思うんだ。
私でも行けるんだから。

グリーンカードの件はなんとかなりそう。

でもそうなると、身辺整理して、大金使って帰国したとしても、子供たちは数年でアメリカに戻ることになる。
その頃にはきっと、息子も私がいなくても大丈夫になっていることだろう。
しかし、今度は夫と子供たち3人のアメリカ生活にお金がかかって、きっと私一人ぶんの生活費の仕送りは難しいんじゃないかな。



あーーーうーーーーん…………
その頃には母は80近いのかぁ……………




そもそも娘がこちらの高校を卒業してくれたら、何も問題ないのかもしれない。
でも、そうだったとしても、母にこんなに寂しい思いをさせていいのか??




結局、夫は
「とりあえずシカゴ行こうよ。行ってみて、もしどうしても日本に帰らなくちゃならなくなったら、なんとかなるよ。ママの車売って………他に何か売れるものない?」
などと言ってくれたけど。

一旦引っ越してしまったら、生活が落ち着くまでバタバタして1年ぐらいはかかるだろうし、そのうち、私を含めていろんなことがうまく回り出したら、帰りたいって言いながらカリフォルニアで9年たってしまったように、なかなか帰れなくなると思うんだよね。



……母がいつまでも元気でいてくれることを祈るばかりです。


(ほかの海外在住者さんが、親御さんのことをどうされているのか聞いてみたいものです)

PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]