忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑サンフランシスコで見つけたディスプレイ。象の尻に敷かれたマネキンには上半身がありませんでしたのでご安心を(笑)




本日ついに、本番中の本番。
成績をつけるために採点される、言ってみればこれがこのスピーチクラスの期末試験です。


拍手


今日、他の人たちは、採点用のプリペアード・スピーチ(リサーチを元に、あらかじめ原稿を書いたもの)が1本と、30分間で資料読んで原稿書いて話す即興スピーチが2本だったんですが、私を含む数名は前回の授業で居残りして、即興スピーチのうちの1本を終わらせてありました。
だから今日は、採点用と、即興が1本だけ。


教授からは
「採点、今日じゃなくてもいいよ。水曜日でも」
という、ついヨロヨロと甘えてしまいそうなオファーが。

だって私、やっとこさ原稿仕上げて、5分遅刻で駆け込んで、もちろん練習なんて3回ぐらいしかできなかったし。
水曜日にテストしてもらえるなら、いっぱい練習できそう。

でも、前回一緒に居残りしたスティーブが
「今日テストしちゃってよ先生。ゆうも、カイルもそう思うでしょ?」
と。
………はい、また流されました(^^;



今回の私のテーマは、『風力発電』。
調べてみると、結構いろいろ問題あるんですね。
面白い。

で、今日こそは教壇でスピーチするのかと思ったら、またしても4〜5人のグループに分かれて、その中でスピーチし合って練習した後、採点を希望する少人数でロビーに出て、4〜5人+教授の前でスピーチする、というものでした。

これは超嬉しい。
私はスーパーあがり症なんで、『部屋の中の自分以外は全てオーディエンス』という状況が本当に苦手なんです。
それに、ロビーなら声がよく響くから、力まずに話せるしね。


前回居残り&今回採点希望をしたのは、私とスティーブとカイルの3人だけ。
(何故か今日はショーンがいなかったな。
たぶん、採点スピーチもペーパー提出も早々に終わらせてしまった模様。)

3人でロビーに出て、すごくリラックスした雰囲気で何度かスピーチし合いました。
スティーブなんか、私の一番最初のスピーチの時も同じグループだったから、なんかもう、何聞かれても平気って感じ。

すっごいイケメンでちょっと冷たい印象だったカイルも、話してみるととってもフレンドリーで、日本と北朝鮮の関係(?)とかいろいろ訊いてきた。
(今日の彼のテーマは『北朝鮮の核兵器』だった)

で、また2人に、
「ゆう、全然大丈夫! 原稿すごくまとまってるし、もうちょっと慣れたら8分以内で話せるよ〜」
と励まされ、諦めずに試験受けました。
これにはちょっと教授も驚いてて、
「ゆう、もっと練習したい? 水曜日に試験でもいいんだよ?」
と言ってくれたんですが。


頑張りました!
ギリギリ8分以内!
最後の方、ちょっとヤバくて早口になったけど。
カードに書いた文章読んでる時間のが長かったけど、最初と最後だけは喰い付くみたいに教授にアイコンタクトしたよ!

資料からの引用や(最低7つ)、全体の構成(イントロ+賛否含めてメインポイント3つ+結論)には、「まぁ合格ラインかな?」っていう自信があったし、実際に、そこらへんを褒めたコメントいただけました(^^)

でも問題は、相手の顔を見て話す、っていうのと、効果的なジェスチャーなんだよね。
これはもう、日本語でも苦手だから……。





でもね。
やったよ、ちゃんとコンプリートした。
8分リミットのところ、所要時間は7分54秒!
引用も7つ、構成もグッド。
ただ、ジェスチャーが上手くできなくて減点されたりなんかして、20点満点のところ、

結果はナント………





18.5 / 20 = A





信じられる?
英語話すのが本当に苦手で、ついこの前、別の教授のスピーチクラスからキックアウトされた私が!
いや、もちろん、このガルシア教授の採点は相当甘いと思うよ。
『どんだけできるか』よりも、『どんだけ上達したか』を重視する教授なんだろうなぁ、とはわかっていたけど、こんなにも点数くれるなんて。

うわーん、また泣きそうだよ私!!

私なんか、全然上達してないのに!
ちょこっと心臓が毛深くなったぐらいで!


スティーブもカイルも、ギリギリでもAだった私の点数を見て(100点満点換算で92.5。2人はほぼ満点だった)
「ゆう! グッジョブ! ほんと、頑張ったね!」
って言ってくれました。
教室に戻ったら、今日は他のグループだったアイリーンやメイやモレイクや……これまで同じグループになったことのある人たちがみんな、私に向かって遠くから親指立ててくれました。


ひー、また泣いちゃうじゃないかっ!




「Cでもいいから単位ください!」
と、土下座もいとわないクラスでしたが、教授はもちろん、心優しいクラスメイトたちに引っ張りあげられるような形で、いい思い出とともに卒業できそうです。


さて、残すは明後日のペーパー提出。
全部で何ページになるのかなぁ。
30ページぐらい?
でも8割方出来上がってるので、明日はみっちりライティングに取りかかる予定。

人前でスピーチすることに較べたら、小論文やレポート書くぐらい、バッチコイですよ(笑)。
ラストスパート、楽しみながら頑張ります♪



あ、ちなみに今日の即興スピーチのテーマは、『グアンタナモ湾捕虜収容所』でした!






にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へ
↑クリックくださると嬉しいです!
PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
世界中から祝福を!
おめでとう!やったね!すごいい!
ゆうさんが努力されたからこそ報われているというのがよく分かります。
私まで嬉しいです。
そして、とうとう最後のペーパー。
どんなにか、感慨深いことでしょう。
御卒業、本当におめでとうございます。
ぜひ来年戻って、ガウン姿の写真をアップしてください。
つるもも 2010/06/30(Wed)00:54:15 編集
>つるももさん
ありがとうございます!
ほんと、長かったです〜。
英語力ゼロ、30代後半のくたびれかけた脳味噌で始まった英語の勉強が、まさか短大卒というゴールを迎えるとは思いませんでした。
しかも一応理系だし(^^;
これもひとえに、ずっと見守っていてくだるお友達の励ましと、プロフェッショナルな教授たちのお陰だと感謝の気持ちでいっぱいです。

引っ越しやら専攻替えやらいろんなことがありましたけど、カリフォルニアを離れる直前にひと区切りついて本当によかったです。

来年5月の卒業式には、ぜひぜひ出席したいと思います。
その航空券のためにも、シカゴでは仕事見つけたい!
【2010/07/01 17:46】
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]