忍者ブログ
とるにたらない日々            *写真および文章の無断転載はご遠慮ください*
2019/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


View Larger Map

今日のメインはセコイア国立公園だったので、走行距離はたった170マイルでした。


最近は運動不足だし、足の巻き爪もひどくなる一方なので、軽いハイキングすら自信なかったんですが、結構大丈夫で自分でも驚きました。
娘なんか若いくせに、鍾乳洞だけでバテバテでしたが(笑)

あー、カリフォルニアにいるうちに、もっと山歩きしておけばよかったなぁ。
イリノイ州には山はないみたいなので。


拍手



サムネばっかりでごめんねぇ〜。
もう眠くて限界。
写真をクリックすると、大きいサイズで見ることができます.

---------------




えーと私、セコイア国立公園には、子供の頃からちょっとした思い入れがあるのです。

今から40年ほど前になりますが、小学校に上がる前の私。
両親が働いていたので、とにかくいつも本(当時は図鑑ばかり)を読んでいました。
その中でもお気に入りの小学館『植物図鑑』。
この中に、世界一大きい木・セコイアのイラストがあったのです。
国立公園の様子を描いたもので、立っているセコイアをくり抜いた穴を、赤い外国のセダンが通り抜けてるイラスト(この木は現在はない)。
それが忘れられなくてねぇ。
まだアメリカがどこなのかも知らなかったけれど、いつか実際に見てみたいなーと思っていたのでした。

それがまさか実現するなんて!
つか、そのセコイアから4時間という近所にずっと住んでいたことすら、最近まで気がつきませんでした!





公園に入る前に必ず給油!
公園内にGSはありません。
それにしても高い〜



遠くの山の山頂に雪が残ってるの、見えますか?



わりと最近できたらしいダム湖。
立ち木や道路が沈んでいるのが見えます。
この湖が、麓の広大なオレンジ畑を潤しているんですね。



ビジターセンターで、クリスタル・ケイブ(鍾乳洞)に入るためのチケットを購入。
30分おきに出発するガイド付きツアーになってます。
この日は込んでいて、買えたチケットは3時からのツアー。
ケイブ近くの駐車場で2時間待ちでした。



ビジターセンターの中では、お土産のほか、自然観察の展示なども。
これは近辺の岩盤のサンプル!^^
このあたりは基本的にセディメンタリーロックで……と地学の授業で習った蘊蓄を説明しようとすると、子供たちには「もういいよ、石のことは」と止められます(^^;



ネヴァダ・バーのペーパーバックがずらり!
『ブラインド・ディセンド』、すごく面白かったのに、読みかけのまま期限がきて図書館へ返してしまったっけ……



トンネル岩。
以前はこの下が車道だったようですね。
こりゃ渋滞するよなぁ。




途中、路肩が崩れて片側通行になってる箇所も。
この前のピックアップ、工事区間が終わっても、センターライン無視で道のど真ん中を走ってる不思議な人でした(^^;



クリスタル・ケイブの入り口へは、ここから山道を歩いて約20分。



こんな感じでひたすら下り。
路面は簡易舗装してあるので歩きやすいです。



途中、こんな滝も。
手が切れそうなほど水が冷たい。



ケイブ入り口で、3時からのツアーが集合。
真ん中の人はガイドさんで、入る前に説明を聞きます。
まるでスピーチのお手本のような、素晴らしいしゃべりでした



鍾乳洞内に照明はなく、手に手に入り口で借りた懐中電灯を持って入っていきます。
入るとすぐに川が。



こんなところに鍾乳洞があるって聞いたことなかったので、じつはそれほど期待してなかったんですが、結構大規模です。



クリスタルが多い地質なので、とても綺麗。
ホルモン焼きが食べたくなった。



大ホール。
ここでカウントダウンして一斉に消灯してみたら………
真っ暗!
当たり前だけど、真っ暗!
ケイバーさんてすごいと思う。



頂上の標高が約2000mの一枚岩という、モロ・ロックに登ることに。
階段も手すりも整備されていて、それこそサンダルでも登れるんだけど……
なんせ私、年々酷くなる高所恐怖症なのです。



本当に景色は綺麗。
だけど怖いものは怖いんだから仕方ない。
この写真だって、ほとんど目を瞑ってシャッター押してます。




えーっ、まだ登るの!?
まだ半分もきてないのに、すでに腰引けて壁に沿ってにじってる状態。




途中でベンチがあったので、どんどん先へ行く子供たちにリタイアを告げて、私は待つことに。
ベンチから撮影。
怖くて手すりにも近づけない!



恐る恐る見上げると………見上げるんじゃなかった!
(°д°;;
頂上はこの向こう側らしいです




巨木・セコイアの森では、こうしてあちこちで気が燃えてます。
燃やすことで害虫を駆除し、灰が栄養になるんですって。




2本の木の間に立つ息子。
ちなみに息子の身長は、私とほぼ同じです



息子が驚いた顔で見上げているので、私も上を見てみると……




なんて美しくて高い木!



倒木の根元で撮影するお姉さんが終わるのを待ってます。
セコイアって根の浅い木なんですって。



道を塞いだ倒木をくり抜いて、車が通れるようになってます。




Big Tree Trail(大木の道)という名前の、上を歩ける倒木



有名なジェネラル・シャーマンの木で私も撮影。
駐車場からここまで、20分ほどの長い下りでした。



今夜の宿は山を下りてすぐなんだけど、とにかく暗くなる前に山を下りないと。
日本と違って、街灯はもちろん、路肩に反射板もないところがほとんどなので、暗くなったらかなり危険。



やっと平地に到達。
山を下るだけで1時間以上かかりました。
計画していたキングス・キャニオンには行けず。



ほんのり日の残るうちに信号のあるところまで出られました。
ほっ。
夕飯食べて、ホテルに入ったら10時半でした。
疲れたけど楽しかった!!







にほんブログ村 海外生活ブログ シカゴ・デトロイト情報へ
↑クリックが更新の励みになります♪
PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comments
[09/11 なのはな]
[07/23 チェリ]
[07/23 けんいち]
[07/21 ロミダ]
[07/12 sataz]
profile
name : ゆう

住所:イリノイ州シカゴ郊外
2001年8月カリフォルニア州オレンジカウンティに渡米

2010年7月現住所に転居
出身:東京の下町
年齢:高1と高3の子供がいるようなお年頃
職業:主婦+大学生(休学中)

専攻:
Irvine Valley Collegeの
Computer Information Management; Desktop Publishingで
AS Degree(理系準学士)を修得&卒業。
現在はHarper Collegeの
Computer Information Systems; Web Developmentで
Certificateコースを休学中。

好き:
本、書店巡り、読書、筒井康隆、島田荘司、
綾辻行人、伊坂幸太郎、有川浩、文章書き、
洋裁、Mac、サイト作り、ジャズ、ビール、
DTP、ウェッブデザイン、電子書籍、
バーボン、アドベンチャー&ノベル系ゲーム、
スキー、車&オートバイの運転、カメラ

嫌い:
英語、人種差別、Gで始まる黒いアイツ

Twitterボタン





ゆうの今読んでる本 ゆうの最近読んだ本

↑私的5つ星の棚












free counters


忍者ブログ [PR]